ホームページをリニューアルいたしました。
こちらから改めてお入り下さい。→ http://www.igokochi.com/


あなたが作る居心地空間a
ライフスタイルをDIYデザイン

カナダ製ガーデンチェア情報UPしました!

居心地ブログ、4人の近況&DIY情報aaaa
English
 home  profile  居心地blog  tools  Lecture  Cinema  Overseas  Cafe  mail   mail magazine  link  Media   

大阪に住む20代の夫婦Fとjaが中古マンションを理想の空間へDIYリフォーム!築11年のマンションを手に入れて、作業がはじまりました!始めた時は私達も素人!ここではネットや大工さんから教わった施工方法をご紹介します!

ここではあなたにもできるヒントが盛りだくさん!さあ始めてみましょう!

リビングはみんなのくつろぎの場所。だから大好きなものがたくさん詰まった空間にしよう!

01:壁面本棚を作ろう!
・梁を利用して見せる収納を作る
・テレビ台を作ろう

02:壁を取り払おう!
・壁の構造を知ろう
・近隣挨拶をしよう
・廃材を処分しよう

03:タイルを貼ってみよう!
・大型タイルの貼り方
・レンガタイルを貼ろう
・目地詰めのポイント

04:ペンキを塗ってみよう!
・平凡なドアを自分色に
・色を作ろう
・養生しよう
・塗ってみよう

03:タイルを貼ってみよう!

before画像。

 

住みながらの作業は家具の養生が大変。

 

スライスレンガ。やはり焼き物の風合いは良い。

 

たらいでタイル用接着モルタルを練る。

 

壁に接着モルタルを塗りタイル壁に圧着。

 

完成。そして目地詰め。

 

目地はラフに入れて古さを出す。

 

after画像。古びた感じが気に入ってます。

 

・大型タイルの貼り方

壁面にレンガタイルを貼る

レンガのもつ風合いがとても好きで、マンションの太い梁を利用して、最初は柱に使う予定だった。貼ってみると、とても感じがよかったので、リビングの壁中に張ることに。欧米の古い建物のような感じを出したくて、素材感や貼り形をちょっと工夫した。壁はインテリアの大きな割合を占めるので、ハードな空間をお好みの方にはオススメ。所要時間約4日。住みながらの作業は大変だった!家中セメント粉まみれになり、施工より掃除に大苦戦・・・。

材料:ツール

・レンガタイル(ブリックタイル)10平米分購入
・大型タイル用接着モルタル:4袋(@25キロ)
・目地用セメント(白色):4袋(@25キロ)
・ゴム手袋(肘まで)
・養生テープ


建材はこちらで購入

http://www.sanwacompany.co.jp/index.html

・面倒くさいけどきちっと養生

・住みながらの作業は養生が大変!

養生はとても面倒で、作業したくてはやる心をくじいてしまう。だけどここが肝心!養生を怠るととんでもないことに!!そこで大活躍。養生テープ。テープにビニールシートがついている便利ツール。100円ショップで手に入るので大量に購入。床にはブルーシートを広げ、布ガムテープできちっと固定。

養生するだけで1時間ほどかかってしまった・・・。

・レンガタイルの色々

・自分に合った素材を選ぼう!

レンガタイルといってもほんとにたくさんの種類がある。総称してブリックタイル、と呼ばれているようだ。樹脂性の軽いものからセラミック製、セメント製、陶器製などがある。用途に合わせて選ぶのが良いが、我が家はレンガの風合いを追求したかったので、スライスレンガ、という建材を選んだ。本物のレンガを文字通りスライスした作られたタイルは仕上がりも本物らしくて大満足。室内に貼るのだから風合いにもこだわりたい。

・本物の風合いを楽しもう

よくショップの内装などで、目地を詰めてないタイルの壁を見かけるが、やはり本物のレンガ風を味わいたいなら目地詰めは必須。きっちりときれいに詰めるのも良いが、少しラフに、削りだしたような風合いを出すとちょっと本物のレンガ壁っぽくみえてしまうからオススメ。

参考にした洋書です。NYの古いビルに住んでいる人たちの個性的なインテリアが満載です。古びたレンガの風合いはここからヒントを得たもの。貼り方などの参考に何度も見返しました。このボリュームでこの値段は驚きです。こちからか購入できます。

・貼ってみよう

・接着用モルタルを使おう。

1:モルタルをこねる。

接着用モルタルをたらいの中に入れて、手に乗るくらいより少し柔らかめにモルタルをこねる。水の割合は袋に表示されているので、参考にしよう。ほんとはモルタルを壁に塗る道具があるのだけど、我が家は手で直接塗った。コンクリート系は肌に触れるとよくないので、完全防備が望ましい。肘まである長い手袋は結構重宝する。

2:貼り付け作業

我が家は石膏ボードの上から直接貼ったが、大型タイルの場合、剥がれてくるおそれがあるので、下地にコンパネかベニヤを貼ってからの方が良い。

壁に直接タイル用接着モルタルを塗りつけ、ぬらしたタイルの裏側にも塗り、壁に圧着させる。そんなに力をいれなくてもあっさりくっつく。

モルタルは乾くのが早いので、一度にたくさん作りすぎない方が良い。

3:風合いを出そう

接着セメントがレンガの表面で固まるとなかなか落ちないので、固まる前に金たわしなどでおとしておくと良い。我が家は古びた風合いを出す為にセメントをわざと放置し、目地と一緒に塗り込め、後ほど金たわしで落とした。黒っぽい色が現れて、良い感じに仕上がった。

4:タイルの割り方

タイルを割る道具はたくさんあるのだけど、我が家はノミと金槌で割った。切りたい場所にノミで傷を付けて、タイルにノミを垂直に固定し、上からハンマーで一気に割る。角などが割れたりうまくいかない場合もあったが、その割れじたいも味、ということで貼っていった。

5:レンガの色遣い

レンガの色もたくさん種類があるけど、我が家は2色使い。良く見かけるのが、違う色のレンガタイルを交互にきっちりと貼っている壁。あまり色を合わせすぎるとなんだかチープな感じになってしまうように感じる。色は適当に手に取った順、という自然さで貼ることにした。

5:目地詰めをしよう

目地詰めはめんどくさくて大変な作業だけど目地が入って仕上がった箇所を見るのは満足感があってとても嬉しい。目地用セメントに水を加えてよくこねる。ちょっと固めの方が扱いやすい。そのまま手に取り、タイルの隙間にこするように入れていく。はみでた部分は金タワシを使ってこすり落とす。時間がたつと固まってしまうので、その日のうちにこすり落とすと良い。しばらくは粉っぽくて爪などでぽろぽろ落ちるけど、2,3日たつとかなり固くなるので大丈夫。我が家は目地をラフに入れ、あまり削り落とさないようにした。このいい加減さがなんだか夫婦共に落ち着く。笑

6:絵や額を飾りたいときは

絵をかけたり写真を飾る場合は目地部分にインパクトドライバーの細いドリルで穴を空けてから釘などを打ち込もう。

目地幅はだいたい1センチ以上取った。幅広く取るとカントリーっぽく仕上がるし、あまりなさすぎるとリアルさが失われる。
また目地材をレンガタイル全体に薄く塗りつけると白いレンガ壁が出来る。白っぽいインテリアが好きな人にオススメ。上からペンキ仕上げもオススメ。飽きたらそうやって塗り替えるのも良い。とても感じの良い空間ができあがる。最近ショップやカフェで使われている事が多いので、じっくり研究すると良い。私も何件もショップへ行っては商品よりも壁ばかりみていたりする怪しい客であった。笑

やっとのことでリビングの壁完成。丸4日くらい。もうしばらくレンガタイルは見たくない。でも素人でも十分出来ると感じた。住みながらの作業は大変だけど、やり始めたらこっちのもの!特別な技術なんて何もいらない。小学校の図工でやったことの大きい版、と考えてみればそんなものかー!と納得してしまうかも。

カッコイイ居心地空間を手に入れたいあなた、ぜひぜひお試しあれ!!

TOPへ

Index へ戻る

04:ペンキを塗ろう!

before画像。

 

ペンキを調合。色具合が難しい・・・

 

ホームセンターで400円くらいだったセット。

 

マスキングテープ等で念入りに。

 

完成。殆ど黒に近い青。画像より深い色です。

 

平凡なドアを自分色に塗り替えよう!

リビングドアとクローゼット扉を塗る

簡単に部屋全体の印象が変わるのでぜひ挑戦してほしい。マンション等で多様されている、この木目調のドアが実に安っぽい。良いものになるとそれなりの風合いもでてくるのだが、この無難さ、がどうも馴染めない。無垢材のドアでもないので、木目はこの際無視して、ペンキで仕上げることにした。さて、肝心の色選びだけど、ここが以外に難しい。

まず浮かぶのは自分の好きな色。夫婦共通に大好きな色は濃紺。黒に近く、英国で良く見かける重厚な色にしたかった。この色なら家具のマホガニーの色と相性が良いと思い、さっそく作業することになった。

材料:ツール

・水性木部用ペンキ
・刷毛
・ローラー
・ペンキを入れる容器
・マスキングテープ


・色を作ろう!

・色作りのいろいろ!

色作りは難しい。なかなか理想の色に仕上がらない場合が多い。ペンキは絵の具の顔料とは違うので、パレットに混ぜるように簡単にはいかないのだ。ずぼらな我が家は黒ペンキと青ペンキを買ってきて、青に少しずつ黒を加えていった。理想の濃紺に運良くしあがったので木片に試し塗り。なかなか納得のいく色にしあがった。

淡い色などはかなり調整が難しいので、ホームセンター等の調合サービスを利用したい。自分の好きな色を持っていって、(写真の切り抜きや広告等でも良い)一度相談してみよう。コーナンプロなどで調合サービスを行っているので、問い合わせてみよう。

こちらは壁紙の上から直接塗れる室内用ペンキ。J-color。色が豊富で、あなたのお気に入りもきっと見つかるはず。日本の色をイメージして、名前も日本名。とても素敵なペンキです。詳しい事はコチラへどうぞ。

・養生しよう!

・マスキングテープを利用して、きっちり養生。

ペンキ塗りは養生が一番大事。マスキングテープを利用して、塗りたくない部分を覆う。周囲にもペンキが付かないように念入りに養生する。ペンキは水性なので、肌に付いても洗い流せるが、衣服についたらもちろんとれない。捨てる覚悟の装備を心がけたい。

・塗ってみよう!

・細かい部分は刷毛で。

まず細かい部分から塗っていこう。ペンキは固まりやすいので、トレイに少しずつ加えよう。ノブの周りや、マスキングのサイドなどは小さめの刷毛を使って塗ろう。その後、大きな面を塗るときはローラーが便利。色むらができにくく、マットな感じに仕上がる。2度塗りようのペンキを買ったが、ローラーだと一度で塗れた。

・貼ってみよう

・塗り終わったら・・・

一日ほど乾かして、マスキングを取り除く。この際ペンキがとれないように気を付けて。

・仕上がり

こんなに部屋のイメージが変わるのか!と夫婦共々驚きの声!真ちゅうのドアノブが濃紺にぴったり!ほんとに短時間にできるオススメリフォームです。ペンキ塗りなら小さいお子さんと一緒にペンキまみれになって一緒に楽しめるはず。こんなに簡単で楽しいことやらなきゃ損です!なんだか家具のイメージと部屋の雰囲気が合わない・・・とお悩みのあなた。自分色にドアや壁を塗り替えてみてはどうですか?

TOPへ

Index へ戻る