ホームページをリニューアルいたしました。
こちらから改めてお入り下さい。→ http://www.igokochi.com/


      home   ■profile   ■居心地blog   ■tools  ■mail   ■link  Media   ■English
DIYでセルフリノベーション!
リフォーム実例集

居心地メンバーによる
自宅DIYリノベーションの全貌!
居心地のいい空間を創る。  充実した自分の時間を持ちたい。 
あるいは、大切な人たちと過ごす時間をその空間にかさねたい。 これが私たちのこだわりです。
そのために自宅をDIYでリフォーム、セルフリノベーションという選択をしました。
特別な技術はいりません! この空間が欲しいという情熱のみ!とにかく作る!始めれば形になります。そんな実例集です。
築16年のマンションをヨーロッパのコテージにリノベーション。

理想のインテリアなんて無理!』って思ってませんか??築15年のマンションを前面セルフリノベーション!
中古マンションを購入してSOHOしよう! 古いワンルームマンションのバリューアッッ!
04
白っぽいビニルクロスの壁紙のありふれた六畳ほどの寝室。
DIYのススメ

ペンキ・漆喰・タイル貼りなどに必要な知識とテクニックはこちら
リンク集
DIY関連の資材の調達から、インテリア関連のサイトその他お役立ちサイトがたくさん!
Tools

DIYに必要な道具についての情報はこちら!

LINK
MAIL
MEDIA
大工道具
ノコギリや金づちは、だれでも数回は手にしたことのある道具だと思います。誰でも手にすればそれなりに使えるけれど、本当に上手に使いこなせるようになるには、大工さんになって長〜い修行が必要なようです。私たちはそこまでの必要はないので、DIYで利用するときや道具を選ぶときに知っておくと便利な情報をお届けします。電動工具を使う場面が多くなると思いますが、やはり従来からあるノコギリや金づちも使う場面がかなりあるものです。
ノコギリ
ノコギリには、木材用のものと多目的のものがあります。切断する素材や切断方法(直線なのか、曲線なのかなど)によっていろいろなものがあり使い分けます。 DIYで行うリフォーム程度なら使用目的もかぎられてくるので、基本的な両刃ノコギリや先の細くなっているツッキリソー、曲線切りができる糸ノコなどを使う機会が多いでしょう。
両刃ノコギリ

片方が縦引き(木材の繊維の方向に切る)で、もう片方が横引き(繊維に直角に切る)となっているノコギリです。代表的なノコギリで、前に押すときには力を抜き、引くときに力を加えて使います。

替刃式ノコ
糸ノコ
工作の時間などであなたも使ったことがあるあの糸ノコです。
刃をかえることによって、木工用や金属用に使えます。合板などには使えますが、堅い材料には不向きです。

ツッキリソー
先端にキリが付いているので穴あけ、曲線切りができます。私はこれで、石膏ボードに穴をあけました。

折りたたみノコ
折りたためるので、携帯や収納に便利です。 あまり大きなものを切るのでなければ、これで十分役に立ちます。上記のほかにも、たくさんの種類のノコギリがあります。近いうちにその情報も掲載しますので、しばらくお待ちください。

カナヅチ・ハンマー
カナヅチ・ハンマーはゲンノウ(玄能)、金槌、西洋型のネールハンマーなどに大きく分類されます。 くい打ち用や、解体用のびっくりするほど大きなものもあります。
玄能

DIYでよく使われるのはこの玄能です。中でも両口玄能は一方が平面で反対側が木殺しと呼ばれる丸みを持っている面になっています。釘を打つとき、初めは平らな面を使って打ち、最後は木殺しを使って打つと素材に傷がつかず、また釘の頭をよく沈めることができます。
プロはいろいろと玄能を使い分けますが、一つしかない場合は、長い釘を打つときには柄尻に近いほうを握り、短い釘を打つときには、頭に近い方を握って使います。
木槌やゴムハンマーも玄能の仲間です。

 八角玄能
いろいろな重さのものがあります。
カナヅチ

カナヅチは、片面が打撃面で、もう片方がくぎ抜きになっていたり、尖っていたりするものです。

箱屋金槌
もっとも一般的な金槌です。
ネールハンマー

西洋型のもので、これも普段よく目にするものです。片方が打撃面、もう片方がくぎ抜きになっています。



 くぎ抜きハンマー
大工作業全般に使います。
バール・カジヤ
バールもカジヤも、古い釘や曲がってしまった釘を抜くのに用います。
バールの大きなものは、解体作業にもよく使われます。
バール
棒状の片方にくぎ抜きが付いている道具です。 家の解体などにも使用します。またテコとしても利用します。 災害時にのためにもあると便利な道具です。

バール
いろいろなサイズがあります。
用途に合わせて使います。