ホームページをリニューアルいたしました。
こちらから改めてお入り下さい。→ http://www.igokochi.com/


あなたが作る居心地空間a
ライフスタイルをDIYデザイン

カナダ製ガーデンチェア情報UPしました!

居心地ブログ、4人の近況&DIY情報aaaa
English
 home  profile  居心地blog  tools  Lecture  Cinema  Overseas  Cafe  mail   mail magazine  link  Media   

どんなに小さなベランダでも木製のデッキを張り、椅子を置けば、くつろぎの場ができてしまいます。




01:簡単な根太と、1×4材でデッキを

02:ラティスで簡単フェンス

03:水道もちょっときれいに

01:簡単な根太と1×4材でデッキを
ほこりで汚れたベランダ。
物置以外にあまり使い道はなさそうです。
荒材で簡単な根太を作る
1×4材でデッキを張ります


マンションは20年以上が経ち、どこもすすけた感じになっていました。 もちろんベランダも例外ではありません。
古いワンルームタイプなので、ベランダに洗濯機を置けるように、ベランダの端に水道があります。

長年のほこりでかなり汚れていたので、何度も水洗いをしました。
左の写真は、最初の状態。 コンクリートにグレイの塗装。 これではとても味気なくて、洗濯物を干す以外にベランダに出る気はしないと思います。

こんな味気なくて小さなスペースでも、デッキを張って、植物と椅子でも置いたら、外を見ながらお茶でもできるスペースをつくれるのではないかと言うことで、早速やってみることにしました。

1: まず掃除・設計をする。
   まず水でよく洗いました。 その後、サイズを測り、どのようにデッキをはるか簡単な設計をします。
荒材で根太を組み、その上に1×4材でデッキをはることにします。
   
2: 荒材で根太を組む
   デッキをはった高さが室内とほぼ同じになるように、荒材を使い根太を組ます。 荒材はとても安価な材料です。 小さなデッキなのでその下に敷く根太も簡単に置くだけで大丈夫。 長さも、大体のサイズにジグソーやノコギリで切りました。 そして左3枚目の写真のように並べました。 この上に1×4材を置くと、ほぼ室内と同じ高さになります。 

 
3: 1×4材を根太の上に張っていく
   1×4材のカットはホームセンターで済ませます。
これで後は、根太の上に木ネジで止めていきます。
電気ドリルがあれば、とても簡単な作業で、みるみる完成していくので楽しい作業でした。 仕上げはオイルステインを塗りました。 雨にぬれることも多いので、防腐効果のある仕上げにすることをお勧めします。








TOPへ
02:ラティスで簡単フェンス
k既製品のラティスで簡単フェンス
古い手すりだけのベランダではなんだか落ち着きません。そこで、ホームセンターで一枚千円弱のラティスを6枚ほど購入。 それを、長い結束バンド(茶色)で、手すりに取り付けていきました。 ラティスとラティスも結束バンドで、結びました。 結束バンドはとても簡単に締められ、そのうえ緩んでくることもないので、いろいろなところで使える優れものです。



TOPへ
03: 水道もちょっときれいに:床は1×4を敷き詰めて


水道の蛇口もさびて古びていました。
機能的には問題はないものの、ちょっと見苦しい感じです。 そこで、屋外用のシルバー塗装剤を塗り、ちょっときれいにお化粧です。
TOPへ